易の五術

ホリスティックとは、「全体を包括的に捉える」考え方の一つをお話ししたいと思います。

 

 

心と身体の調和から総合的に見ていくことからの調和が大切だと思うんです。それが、私の「ホリスティック」の考え方。

 

その気学からの観点から紹介します。

中国から伝わってる易の五術『命・卜・相・医・山』っていうのがあります。これは、簡単にいうと開運への五つの術ということ。

 

「命」(めい)とは、運命・宿命というもの。宿命を占う術です。これは変えられないもの。良く知られてるのが四柱推命とかのことです。

 

「卜」(ぼく)とは、占いのこと。これから先のことを占う術。星占いとか夢占いとかです。鮎という字は、魚辺に占うって書きますよね。占いで掛かった魚らしいです。それと、店っていう字は占いに麻垂が付いてるんで、家屋で占ってたのが店っていう事とか。

 

「相」(そう)とは、姿と形。いわゆる、手相、人相、家相、印相そしてここで言いたいのが、骨相。

 

「医」(い)とは、医薬。東洋医学のこと。病気の治療という事ですね。鍼灸などがこれにあたります。

 

「山」(ざん)とは、整えるということ。健康管理を行う術のことです。身体を整えることとか。気を円滑に流れるようにしておくこと。

 

命・卜・相は、運命学になります。また、医・山は自らで行う術。

 

命は、どうにもならないこととしても凛癒では、相と山のお手伝いはできます。

 

美容体幹メソッドでは、この骨相を整えることが可能です。

骨の相も運気が上がりますよ!本当に!

骨をちゃんと整えておきましょう!

 

そして、きちんと山の健康管理。他力に任せてばかりじゃいけません。運気を整えるという事にも自力があってのこと。

 

風邪ひいたり、具合が悪くなってる時って大体運気が下がってるときですよ。試してください。

 

要するに運勢とは、運の勢い。

運勢は、自己管理で変えることできるんです。

 

この気学もホリスティックな考えの一つということ

 


 運勢も身体もホリスティックに見ていきましょう。

必ず、原因があるものです。原因があって結果が出てくるのです。