お茶

施術の前後にお出ししてるお茶は、正食の三年番茶です。

毎朝、やかんでシュンシュンと沸かしてます。

 

陰性の葉と陽性で締まってる太い茎の部分を2:8の割合で高温焙煎して3年間熟成させてるものが三年番茶と言われるほうじ番茶なんです。

 

陽性の性質が高いので、胃腸が冷えてるや便秘、心臓が弱く身体の循環の悪い人にはおススメで是非、取り入れてほしいものです。

 

熱々の方が美味しいのかもしれませんが、ゴクゴクと飲んでいただきたいので温い目でお出ししてます。


火を使ったものを取り入れましょう。人間の原点です。

お茶もポットのお湯で煎じたものではなく、火をいれたお湯が体温を上げるコツの一つです。